投稿日:

ジェネレーション格差

我々は先月のクリスマスは3年年下の彼といった過ごしました。

彼氏は昨年の1月に我々がついついともだちの飲みに行った居酒屋氏の横で飲んでいた、ダディ人種の独自だ。

我々は前の色恋の終わりに落ち込んでいて、手早く気持ちを切り替えて、次のロマンスに向かおうとしていた時間でした。

隣席のダディ陣が声をかけてきてくれ、一緒に飲み込むことになりました。
はじめはやけに若い人たちと思いましたが、相互お酒の情熱もあったので一緒に飲み込むことにしました。

様々話をしていると、連中は案外本気でふと良く思いました。

そんなとき、急にその一番大人しそうな彼氏にテレフォンを引っかかると言われました。

我々も飲んでいたので、軽々しい感じでラインを授けるました。

そしたら個人的に連絡をとり取りかかり、何かと話しているといった、誠に3年年下ではありますが、おんなじお年で、他にも各種ところで共通点があり、まるごと道程が近づき、隔たりも無くお付き合いをすることになりました。

我々は仕事柄、人の注意をするのがお気に入りで、年下の彼氏にもはからずも尽くしてしまうが、先月のクリスマスでは…今まで見たことない男らしさを感じました

我々が気にしているジェネレーション格差をもらい断ち切る頼もしさでした。彼氏からまさかのプロポーズ。

指輪を急に渡され、クライアントを後で、どんどん永遠に守っていきたいだ。結婚して下さいという。

我々は瞬間、何が言わば分からなくなりましたが、ちゃんと喜ばしく、彼氏にぎゅーという抱きつき、結婚式を誓約しました。

あんなクリスマス、ほんとうに何とかでしたし、今まで生きてきて至高、幸せなときをクリスマスで感じることができました。

最高のクリスマスキャンペーンになりました。