投稿日:

デートは東京ベーカリー

16 (2)

私も主人も都内に住んであり、今年のデートは東京でした。

とりあえず、お昼前に吉祥寺ターミナルでランデブーをし、事前にネットで調べておいた有名なベーカリー様に行きました。

すこしわかりにくいところに生じるせいか大好き的好評があり、店内には沢山の人が今やレジに並んでいて、パンも量産が追い付かないような始末。

品ぞろえも満杯とは言えませんでしたが、でもおいしそうなパンをいくつか買い、近くの井の頭公園でひなたぼっこをしつつ食べました。

ずいぶんさわやかぐらい晴れた空でしたので、犬の散策をしている輩や主人という歩いている輩を眺めて思い切り満足になりました。

そのあと、ショップストリートを散歩したりしつつ、夜は表参道に向かいました。

すさまじい総締めの輩で驚きましたが、いよいよ生で見たあの大きな通りのライトアップは将来忘れられません。
オールが輝いて見えて、結び付けるしかたもあたたかくて、前もって穴場だったクリスマスがどんどん穴場になるほどだ。

やはり、人の多さゆえに立ち止まってしっかり眺めたりすることはしませんでしたが、長い街路を歩いたり、真っ最中お店に入って買物したりってはたして素敵な時間になりました。

ディナーは家で採り入れることにしていたので、ライトアップもそこそこに主人とともに帰宅し、ささやかではありますが、クリスマス宴会をスタートしました。

事前に予約していたケンタッキーなんかはお店に受け取りに行くときに長蛇の列だったので、一体全体良かったなとリラックスしつつちょっとお酒を呑み、最後にクリスマスギフトを引き取りました。

ギフト選びに果てしなく悩んでいて、貰う間一髪まで果たしてこれでいいのだろうかと自問自答ばかりを繰り返していましたが、主人にギフトを与えたときの笑みを見て、これでよかったんだなと確信しました。

この日の為に様々な用意をするのに時間もかかりましたが、最高のクリスマスを過ごせて必ず嬉しかったです。

リビドーロゼ香水

投稿日:

彼の事前で緊張してしまい賢く話すことが出来ず

999

彼との遭遇は、友人のアピールでした。

彼の見た目は私のタイプで、話し方もとても賑やかであんな輩といった付き合えたら幸だろうなと思っていました。

ただし、一目惚れを通じてしまったこちらは彼の事前で緊張してしまい賢く話すことが出来ず、その日はお開きになりました。

帰宅してからあのご時世ああしておけば良かった、そうしておけば良かったと悔恨ばっかりしていました。

但し、数日事後もう一度話しをしてみたいって彼が言ってくれているという事でもう一度出会う時になりました。

二度目に会った時は、賑やかで暖かい兆候の彼の脇に居て私もリラックスする事が出来て前回よりもおもしろい瞬間が過ごせました。

彼と共にいるとドキドキも始めるけれど、その反面誠に落ち着いて素の自分で居られる時に気が付きました。

テレフォンを交換し、次は二人で美味しいものを食べに行きませんか?といった彼が誘ってくれました。

私達は夕食の嗜好がだいぶ似ていたので、お店セレクトもとても楽しかったですし、二人ともお酒が好みだったので、お互いお勧めのお店をめぐってみたりと何度か夕食に行きました。

彼という過ごせば話すほど、彼に惹かれて赴き、気付くと彼の事が宝物になっていました。

穏やかな彼から私の事をどうして思っているかを受け取るのは苦しく、聞いてみたいけれど今の動機が崩れてしまうのが怖くて訊く事が出来ません。

五度目くらいの夕食の事後、彼の口数が低くエネルギッシュがなさそうで心配になりました。

どうしたのかと尋ねると、お付き合いをして欲しいという吐露を通じてくれました。

寡黙だったのはどのタイミングで言おうかと考えていてくれたからで、すごく緊張していたとの事でした。

こちらは、初めから彼に惹かれていたので二つ返事で容認し、お付き合いが始まりました。

彼がこちらに吐露を通じてくれたメリットがこちらが彼に関して思っている時と同じで、一緒にいるとドキドキも講じるけれど、落ち着くに関してだったので二度とびっくりしました。

お付き合いを続けていって思ったことは、居心地が美しく、辛抱をするラクラク、一際一緒にいられたら良いなという事です。

彼も同じ事を思ってくれたようで、付き合い始めて半年でプロポーズをしてくれて婚礼する事になりました。

投稿日:

ジェネレーション格差

我々は先月のクリスマスは3年年下の彼といった過ごしました。

彼氏は昨年の1月に我々がついついともだちの飲みに行った居酒屋氏の横で飲んでいた、ダディ人種の独自だ。

我々は前の色恋の終わりに落ち込んでいて、手早く気持ちを切り替えて、次のロマンスに向かおうとしていた時間でした。

隣席のダディ陣が声をかけてきてくれ、一緒に飲み込むことになりました。
はじめはやけに若い人たちと思いましたが、相互お酒の情熱もあったので一緒に飲み込むことにしました。

様々話をしていると、連中は案外本気でふと良く思いました。

そんなとき、急にその一番大人しそうな彼氏にテレフォンを引っかかると言われました。

我々も飲んでいたので、軽々しい感じでラインを授けるました。

そしたら個人的に連絡をとり取りかかり、何かと話しているといった、誠に3年年下ではありますが、おんなじお年で、他にも各種ところで共通点があり、まるごと道程が近づき、隔たりも無くお付き合いをすることになりました。

我々は仕事柄、人の注意をするのがお気に入りで、年下の彼氏にもはからずも尽くしてしまうが、先月のクリスマスでは…今まで見たことない男らしさを感じました

我々が気にしているジェネレーション格差をもらい断ち切る頼もしさでした。彼氏からまさかのプロポーズ。

指輪を急に渡され、クライアントを後で、どんどん永遠に守っていきたいだ。結婚して下さいという。

我々は瞬間、何が言わば分からなくなりましたが、ちゃんと喜ばしく、彼氏にぎゅーという抱きつき、結婚式を誓約しました。

あんなクリスマス、ほんとうに何とかでしたし、今まで生きてきて至高、幸せなときをクリスマスで感じることができました。

最高のクリスマスキャンペーンになりました。
http://xn--cck3bwb0a6f7dyb.xyz/

投稿日:

ついにドSホステスとアフターでラブラブ

ホステス キス

ホステスさんといい関係になってしまいました。

いぜん仕事の接待で飲みに行ったお店で、
150センチくらいの小柄で、綺麗な顔をしていましたが、どこか幼さの残る24歳の女性です。

それから何度かお店に通うようになり、すこしずつ親しくなっていきました。

彼女の仕事終わりで食事に行く回数も増え、お互いの身上なども話すようになって、なんだか仲の良い女友達のような関係になっていました。

その日も彼女の仕事が終わるのを待って、深夜のイタ飯デートとなりました。

3階にあるお店ですが、エレベーターはなく、らせん階段を上がって場所にあります。

いつものように、軽くお酒を飲んで、とりとめのない話をして、時間は過ぎていきました。
彼女に好意は持っていましたが、なんとなく一緒にいるだけで、別段付き合いたいとか、抱きしめたいとか特別な感情があったわけではありません。
ただ「可愛いな」とは思っていましたが。

そんなわけで、深夜3時も回り、彼女が席を立ったところでお会計を済ませて、いつものように帰ろうかとしました。

お手洗いから戻ってきた彼女は、何だか言いたそうな感じですが、「まだ飲みたかったのかな?」くらいにしか思わず、
店を後にしました。少し酔っていたので、らせん階段は目が回りそうで嫌だななどと思いながら、3段目まで下りたところで、彼女が「ねえ」と声をかけてきました。

振り向いた瞬間、同じ高さになった彼女が、私の顔を強引に引き寄せ、激しくキスをしてきました。私が階段を下りるのを待って、声をかけてきた彼女の可愛い配慮に、キュンとしてしまいました。 

それからは何度かデートをして深い関係になりました。

彼女がホステスの前に〇感の店で働いていたのでアナルを責めにはまってしまいました。

今では1人でアネロスヴァイスを使って前立腺を刺激するまでになっています。