投稿日:

風俗として度合としては2ウィーク

0011

恥ずかしながら、習慣のように風俗として掛かる方だ。

度合としては2ウィークに一時、もしくはウィーク1回くらいの頻度だ。

お気に入りのママを見つけてしまえば、そのお子さんから不義はせず、楽におんなじママを指名行う。

さて、もうすぐがレビューになるのですが、お気に入りのママを見つけ、定期的にお願いしていました。

あたしが利用していたのは送達パターンのメニューだ。これを楽しみに業を頑張ったり、すばらしいストレスのはけ口にさせていただいていました。

ある日、そんなに、お願いして、プレイを行った2日以後ほどでしょうか。それまでも随時あったのですが、小水をするときにヒリつく思いがあらわれました。

本日もあっという間に治まるだろうとほおっておいたのですが、なんだか痛苦が引きません。

はからずも(というより常時見ていたのですが)風俗系の掲示板インターネットにあたしがいつもお願いしていたママのことが載っていました。

談話は、「○○って性病じゃん」という書かれていました。何も気にしていなければ、邪険に扱われた、又は狙い超越だった人様がアイロニーに書いているのだろうと思ってみていたのですが、この時ばっかりは異なりました。

行動歴として5階層に届こうかという時でしたので、もう1回くらいは性病を味わうかもというあきらめもありましたが、共々不安もよぎりました。

気になり取り掛かり、性器をよく観察すると白いイボがありました。直ぐネットで調べると「尖圭コンジローマ」という病名が真っ先に出てきました。

カリフラワー状に先端に白いイボができると書いてありました。やにわにパーっと花開くことはないだろう、徐々に進行して行くんだと思い、全くこれだと思い込んでいました。

元来すぐにでも泌尿器科へ行くべきだったのですが、肝ったまが出ず、隅っこへ隅っこへと延ばしてしまいました。

痛苦が引いたり、現れたり。これではラチがあかんと思い、思い切って泌尿器科へ行きました。尿医療、触診を行ったところ、医者の面持が疑いそうな形相へ変化していきました。

結果は異状無し。医療結果を訊くときにナース(夫人)に座席を欠かすようにといった気遣ってくれたのがありがたかったのですが、どうも私の白いイボは先天性のものらしいです。

確かに尖圭コンジローマに似てもいるんですが、本質は全然違う品物。

これを有する人様は本当はそれだけ数多くなく、勘違いする人様もいるらしいのですが、こういうイボのおかげで名器と言われる方もいる。

痛苦は、何かしらかのタイミングでケガついただけでしょうという安心のレスポンスを貰いました。それほど派手にやり過ぎるというホントに性病になるかもしれないから、行動はほどほどに、きちんと防具はつけてねってアドバイスをもらいました。

但し、現在も同じくらいのペースで利用してしまっています。度数減らさないとかな。

性病になってもいいようにジスロマックを持っているよ!

投稿日:

キングサイズベッドの上で宿屋

45

女房といった名古屋に航海に行った事例、夜更けも遅くなったので、このまま返るのも悔しいなと思い、女房を誘ってとあるラブホテルへ。

外見はほとんど華やかでもなく、どちらかというとビジネス宿屋という感じで、はじめ泊7000円平均でした。

それで「たいてい、はじめ晩泊まれて、やることやれたらいっか」という感覚で入ったのですが、中に入ってひとたびびっくりしたのが本当に大きなベッド!おそらくキングサイズという人間なのか、二人で寝転がっても至極余裕でゴロゴロできました。

内部も大きく、そんな大きなベッドがあるのにかなりの余りがありました。

テレビは50インチくらいの大画面、お風呂もかなり大きく、二人で入ってもまだ残り両者ほど入れそうな通常の湯船部屋+まさかの露天風呂もついていました。

ウェルカムドリンクは正面に用命でしたが焼酎5材質ソフトドリンク5材質お替り自由で、夜食といったモーニングも恩典と、普通の宿屋よりも恩典がよかったんじゃないかとおもうぐらいでした。

そうして大人の遊具的カタチもキャンペーンで置いてあり、その時点で、意欲はポピュラーにまで上がってしまい、それでは焼酎で乾杯、ミールをじっととった後にまるで一時。

そこからは疲れていることも忘れて続けて何度もやっちゃいました。

どうしても大きく、貸し出し第六感が半端ないので、ベッドの上では端から端まで多々体勢を変えたり色んなアイテムを使ったりして意欲、それだけでなく、風呂、階層、食膳の上など、いろんな場所で盛り上がってやっちゃいました。

どこでどんなことをしてもちっとも手狭第六感がなく、単に堪能できたと思います。

無論ポイントカードを作り、名古屋航海の時は無論、どっかからの帰る途中にも敢えて行ったり講じるくらいになりました。

http://www.gearmo.org/

投稿日:

ついにドSホステスとアフターでラブラブ

ホステス キス

ホステスさんといい関係になってしまいました。

いぜん仕事の接待で飲みに行ったお店で、
150センチくらいの小柄で、綺麗な顔をしていましたが、どこか幼さの残る24歳の女性です。

それから何度かお店に通うようになり、すこしずつ親しくなっていきました。

彼女の仕事終わりで食事に行く回数も増え、お互いの身上なども話すようになって、なんだか仲の良い女友達のような関係になっていました。

その日も彼女の仕事が終わるのを待って、深夜のイタ飯デートとなりました。

3階にあるお店ですが、エレベーターはなく、らせん階段を上がって場所にあります。

いつものように、軽くお酒を飲んで、とりとめのない話をして、時間は過ぎていきました。
彼女に好意は持っていましたが、なんとなく一緒にいるだけで、別段付き合いたいとか、抱きしめたいとか特別な感情があったわけではありません。
ただ「可愛いな」とは思っていましたが。

そんなわけで、深夜3時も回り、彼女が席を立ったところでお会計を済ませて、いつものように帰ろうかとしました。

お手洗いから戻ってきた彼女は、何だか言いたそうな感じですが、「まだ飲みたかったのかな?」くらいにしか思わず、
店を後にしました。少し酔っていたので、らせん階段は目が回りそうで嫌だななどと思いながら、3段目まで下りたところで、彼女が「ねえ」と声をかけてきました。

振り向いた瞬間、同じ高さになった彼女が、私の顔を強引に引き寄せ、激しくキスをしてきました。私が階段を下りるのを待って、声をかけてきた彼女の可愛い配慮に、キュンとしてしまいました。 

それからは何度かデートをして深い関係になりました。

彼女がホステスの前に〇感の店で働いていたのでアナルを責めにはまってしまいました。

今では1人でアネロスヴァイスを使って前立腺を刺激するまでになっています。