投稿日:

アイピルは正しくドクターの講習の下服用

10

ピルを呑み始めたヒントは疾病になったからです。

内膜症というママ科系のトラブルになり漢方でよくなるかと思っていのですがいまひとつ良くならず薬に変えることにしました。

呑み始めるとたまに反動のことも聴き不安になっていたのですが自分にはあっていたようで断然反動はななかったです。

も血栓ができ易く至るから来院ところ血診断などして血栓の不安がないかも調べてもらいました。

流れとしては毎月診察してもらい秀逸変わった具合がなければそのまま製法をもらい薬を飲んでいました。

また3か月に一度血診断をやり血栓の面倒がないか確認してもらいました。3か月から半年の間にひとまず内診を振る舞い疾病の具合の変更を診てもらいました。

ピルというといつの間にか避妊薬という印象をもちましていて飲んでいると違う目における気がしたのですが実際自分が服用することになってきちんとした処方された薬ですことやどんな人でも飲み込む可能性があることがわかりました。

また自分にはあっていてよかったのですが、私の身近では悪い反動があった自分がいてダサイとか飲んだため却って体を崩してしまうこともあったのでとにかく正しくドクターの講習の下服用しないといったいけないなと思いました。

やはりそばも一概に病棟にかかって服用しようですがどうしてもここばっかりは飲んでみないとわからないしむずかしいなと思います。

ピルを飲み始めて自分の疾病の具合もよくなり疼痛なども減ってきました。

自分にはとてもあっている加療で助かりました。また避妊薬としても知られているのでそちらも何気無い妊娠にならずに済むのでそちらの意味でもよかったと思います。

妊娠するのはうれしいことだけど人によってタイミングもありますし一概にお祝いされながら生まれてほしいので無責任なことはできないなと思うので。

そちらの目的で服用する人も多いかもしれません。私の通っていたママ科もそんな感じのことを言っている自分がいました。自分の体のことですしきちんとすることはいいと思います。

それに来院にあたって薬をもらわなければならないので自分の体のことも気に掛けるきっかけにはなると思います。

病棟に通っていれば診断も始めるしそこで何気無い疾病に考えづける可能性もあるし医者との筋道で考えづけることもあると思います。

自分はアイピルをのんで具合が緩和したので思い切りサンキュー。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です