投稿日:

初めてで怖かった産婦人科

ggg

産婦人科にいよいよ行ったのは、受胎がわかった時だ。

診療薬で陽性だったので、受胎は確実だろうと思っていましたが、産婦人科は緊張しますし、敷居が厳しく感じました。

テレビジョンでしか見たことないような診療テーブルも怖かったですし、肌着を脱いで、テーブルに上がって下さいという俄然言われて戸惑いました。

テーブルに上がると胃腸当たりでカーテンのようになっていて何をされているのか見えないし、わからないし、カチャカチャ何か声がするし、乗り物は開いた通りだし…初めてのエッチから怖かっただ。

教員は手慣れているのでしょうし、サイクル手続きの状態ですし、こちらは反対もできないし僕を任せるしかないのですが、説明してほしかったといった後ほど思いました。

血診療やエコーやら他にもだらだら診療をしましたが、必ずあの自動で乗り物を開かせるテーブルが恐ろしかっただ。

補給の健診等の実績があって、設備や触診をされた実績があれば、多少の困難は半減したと思いますが、何も知らない通り産婦人科に行くはオススメできません。

何も痛くないし、怖くないというわかっていれば、リラックスして診療できたかもしれません。

とは言え、2回視線以来も断然、あのテーブルに乗じるのは慣れませんでした。仕方ないとしていても、お断りなあという気持ちは毎度ありました。

何の反対もなかったのは、分娩当日の決戦のみだったとも思います。

また、待合室にとっても付き添いらしい男性がいるのも不愉快でした。

そんな皆さんは、絶対に診療もないし、容態が乏しいわけでもないのに混んでいても椅子に座っているほうが手広く、胃腸の高い妊婦氏も立ってある見晴らしをそれほど目にしました。ナース氏が言ってもらえるか、貼り紙ほどあればいいのにと思いました。

個人的にはダディーには入ってほしくないですね。

出先で待つなり、送迎だけにしてほしかっただ。

良いと思っているのは、ターゲットたちだけで論評的視点ばっかり耳にします。受胎意外にも医者に来てる人様もいるし、配慮してほしいなと思いました。

http://www.beavecellrepair.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です